銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違いは?

案内2

カードローンを販売しているのは銀行や消費者金融ですね。ところで、銀行カードローンと消費者金融のキャッシングにはどんな違いがあるのでしょうか?

 

まず大きな違いは金利です。金利は銀行カードローンの方が消費者金融のキャッシングよりも低くなっています。消費者金融のキャッシングの場合は、審査が緩いため貸し倒れのリスクを加味して金利はあらかじめ高めに設定されています。金利は最高実質年率18.0%あるいは20%といったところです。銀行カードローンの最高で実質年率14.5%と比べるとかなり高くなっています。

 

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングのもう一つの違いは、審査の厳しさです。
一般に銀行カードローンの方が消費者金融のキャッシングよりも審査が厳しくなっています。消費者金融のキャッシングの場合は、無職でも申し込めるところがあるのに対し、銀行カードローンは安定した収入がないと申し込めません。

 

例外は無職の専業主婦で、無職の専業主婦の場合は配偶者に安定した収入があれば申し込めるところもあります。消費者金融のキャッシングの場合、無職でも申し込めるところはあるのですが、全く収入の見込みのない人はさすがに無理です。

 

今は、無職でも就職先は決まっているとか、派遣社員として登録していて派遣先は決まっているなどの場合なら、必要書類を提出すれば、無職でもキャッシングを利用できる場合があります。

 

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの別の違いは、消費者金融のキャッシングは総量規制の対象であるのに対し、銀行カードローンは総量規制の対象外ということです。総量規制の対象だと、年収の3分の1までしか借り入れることができません。

 

また、一つの消費者金融からの借入額が50万円を超える場合あるいは他社と合わせた借入額が100万円を超える場合は、収入証明書の提出が必要になります。また、無職の専業主婦が借りる場合は本人確認書類のほかに、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。銀行カードローンの場合は、仕事思っている人も無職の専業主婦も本人確認書類だけで契約ができます。また、年収の3分の1までしか借りられないということもありません。

 

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングにはこんなふうにいろいろな違いがあります。両方のメリットとデメリットをよく比較してご自分に合ったカードローンやキャッシングを選んでくださいね。


  • 2015/09/07 15:13:07