カードローンやキャッシングの申込みから借り入れ

カードローンや消費者金融のキャッシングにはいろいろな申し込み方法があるので、自分に合った方法を選べてとても便利ですね。パソコンやスマホで申し込むという方が一番多いと思いますが、そのほかにも自動契約機や店舗窓口、電話、郵送などでも申し込みが可能です。自動契約機で申し込む場合は、最初にネットで申し込んでおいて仮審査に通ってから、自動契約機で契約手続きをすると時間の節約になります。

 

カードローンやキャッシングに申し込みができるのは原則として安定した収入がある方ですが、例外として無職の専業主婦が申し込める場合もあります。また、無職の年金受給者、無職で仕送りなどで生活している学生も申し込めるかードローンやキャッシングもあります。

 

ネットで申し込をするとすぐにメールか電話で連絡があり仮審査の結果がわかります。自動契約機で申し込む場合も、申し込みをすると備え付けの電話に連絡があり、オペレーターから審査結果を聞きます。電話や、窓口で申し込みをするとその場ですぐに仮審査の結果を教えてもらえます。

 

仮審査の結果がわかったら、免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類を送付します。送付はファックスやメールで行います。借入金額によっては収入証明書が必要になることもあります。

 

案内

無職の専業主婦が消費者金融のキャッシングに申し込む場合は、必要書類として配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になりますので、あらかじめ確認してください。銀行のカードローンに無職の専業主婦が申し込む場合は本人確認書類だけで大丈夫です。

 

書類の送付をしている間にあるいは金融機関が必要書類を確認した段階で、在籍確認があります。在籍確認は金融機関が社名を出さずに行いますので、自分がその場にいなくて会社の同僚が電話に出たとしても、カードローンやキャッシングの在籍確認の電話だとは分かりませんので安心してくださいね。また、無職の専業主婦や無職の年金受給者の場合は勤務先がないので、連絡先として申告した電話番号に、本人確認の電話がかかってきます。

 

在籍確認や本人確認のほかに本審査では、信用情報機関に登録されている自分の信用情報がチェックされます。信用情報に債務整理の記録が残っていると銀行カードローンや大手消費者金融のキャッシングの審査にはほぼ通りません。中小の消費者金融なら債務整理の記録が残っていても貸し付けをしてくれるところもあります。

 

これらの作業が終わると本審査の結果連絡がメールか電話でありますので、カードローンやキャッシングの契約内容を確認したうえで、契約手続きを行ってください。契約手続きは会員ページからすることができます。契約手続きが終われば、すぐに振込みキャッシングの申込みができて、お金を借りることができます。

 

それから、失業したばかりで今無職だけどお金が必要なのでカードローンやキャッシングを利用したいという人もいるかもしれませんが、その場合は、失業保険(雇用保険)を受け取れる見込みがあれば、貸してくれる消費者金融もあります。

 

申し込みから契約までの流れは、在籍確認以外は仕事がある人の場合とだいたい同じです。ただ、無職の人は余分に書類を提出する必要があるので、あらかじめ消費者金融に確認してください。無職の人の借入先は小規模の消費者金融になると思いますが、中には闇金もあるのでキャッシングする際には慎重に業者を選択してくださいね。

  • 2015/09/07 15:18:07