無職の人がお金を借りるときの注意点について

 

女性2

無職だと普通は銀行や消費者金融からお金は借りられないと思いますね。でも、無職でもお金を借りれる場合があります。

 

たとえば、自分は仕事をしていないけれど配偶者に安定した収入があるという場合や、仕事はしていないけれど年金収入がある、アルバイトなどはしていないけれど親からの仕送りで生活しているという学生さんなどです。

 

ただ、無職の方がお金を借りる場合は、注意も必要です。たとえば、闇金などは学生を狙ったり年金受給者や主婦を狙うことが多いので、闇金の甘い言葉に騙されないようにすることです。

 

消費者金融を利用するときは、信頼できる業者であることを確認してから申し込んでください。広告に携帯番号しか掲載していない業者は闇金です。また、金利が異常に低い業者も避けてください。また、民間の業者が年金を担保にお金を貸すのは法に触れることですから、そのようなことをしている闇金には絶対にかかわらないでください。

 

さて、無職でもお金を借りれるとはいえ、借りられる金額は、消費者金融の場合なら配偶者の年収の3分の1までとなります。借入金額によっては、配偶者の収入証明書類が必要になることもあります。

 

年金受給で無職でもお金を借りれるカードローンがありますが、申し込み資格に年齢制限があるので確認してください。年金受給のみでも申し込みができるのは、三菱東京UFJ銀行のカードローンバンクイックや新生銀行のレイクなどです。申し込み時に年間の年金受給額を申告する必要があります。

  • 2015/06/29 15:39:29