ブラックリストとは?

 

金融機関からお金を借りたいと思って調べていくと「ブラックでも借りれる」という広告を目にすることがありますね。これは「ブラックリストに載っている人でも借りられる」という意味なのですが、この「ブラックリスト」とは何でしょうか?

 

「ブラックリスト」は実際にその名前のリストが存在しているわけではありません。

 

信用情報機関に債務整理などの記録が登録されている状態の人を「ブラック」とか「ブラックリストに載っている」といいます。

 

マネー

 

信用情報機関は、個人の信用情報を登録している機関で、キャッシングやカードローンの申込みをする時に、自分の信用情報が信用情報機関に登録されることに同意しますので、いままでキャッシングやカードローン、クレジットカードなどを利用したことのある人なら、自分の信用情報が信用情報機関に登録されています。

 

カードローンやキャッシングなどに申し込んだときに登録される信用情報は名前や住所、電話番号、勤務先など基本的な情報のほかに、カードローン等に申し込んだ記録、申し込み内容、延滞の記録、債務整理の記録などが登録されます。

 

金融機関は審査の際にこの信用情報を確認しますが、この時に延滞や債務整理の記録など、審査に不利な記録が残っているといわゆる「ブラック」の状態になります。

 

「ブラックリストに載っている」状態だと、銀行カードローンや大手消費者金融のキャッシングの審査にはほぼ通りません。

 

中にはブラックでも、さらには無職でもお金を貸すという消費者金融もあります。債務整理の記録は5年ほど登録されて、その後消えますが、まだ、5年を過ぎていない「ブラック」の状態でも貸してくれるところがあるわけです。

 

また、無職の人に貸すといっても条件がないわけでなく、たとえば、失業したけれど雇用保険を受け取れるとか、派遣社員として登録していて派遣先は決まっているけれど今は無職とかそのような場合です。

 

無職の人は「ブラック」ではないですが、審査に通るのはかなり難しくなります。また、ブラックの人や無職の人にお金を貸すという消費者金融は闇金であることも多いので、むやみにキャッシングしないようにしてくださいね。

  • 2015/06/29 15:56:29