無職でもカードローンの審査に通る方法

カードローンの審査は仮審査と本審査に分かれています。
仮審査はコンピュータによる自動審査で、融資希望者が申し込みフォームに入力した情報が自動的にポイント買われて可否が決まります。

 

ですから、仮審査はすぐに結果がわかり、メールや電話での連絡があります。

 

この仮審査に通るためには、入力する情報に誤りのないことを確認する必要があります。また、本審査で在籍確認がありますので、職場の電話番号も間違えずに入力してください。在籍確認が取れないと審査が進まず、融資してもらうことができないので気を付けましょう。

 

カードローンの中には無職の主婦や無職の年金受給者、自営業に融資するところもありますが、その場合は、在籍確認はなく自宅や本院の携帯電話に本人確認の電話がかかってきます。

 

カードローンの本審査では本人確認書類や場合によっては収入を証明する書類の提出が必要になります。

 

本院確認書類は本人の名前と現住所が確認できるものになります。書類上の住所が現住所でない場合は、無効になります。ただ、書類上の住所と現住所が違う場合、公共料金の請求書や領収書も同時に送付すれば、審査に通って融資を受けられる場合もありますので、あらかじめ確認してください。

 

カードローンの本審査では在籍確認もあります。これは、融資を受けるためには重要な段階なので、確実に確認が取れるようにしておいてください。在籍確認の電話は自分がいない時にかかってきたとしても、電話に出た人とのやり取りで、金融機関があなたが確かにその会社で働いているということがわかれば、それで終了します。

 

無職の専業主婦や無職の年金受給者の方の場合も連絡先として申告した電話番号に電話がかかってきますので、電話をとれるようにしておいてください。いつも留守電になっていたり非通知の電話はつながらないようになっていると本人確認が取れず、融資をしてもらうことができないので注意しましょう。

 

カードローンの本審査では、信用情報を信用情報機関に問い合わせるということもします。

 

信用情報機関には、融資希望者の今までのキャッシングやクレジットカードの利用状況が登録されています。

 

現在無職の専業主婦でも、債務整理の記録は5年間残るので、この期間にカードローンの申込みをしてもほぼ審査に通らず融資を受けることはできません。また、現在の借り入れ件数や借入残高の総額も確認できるので、申し込みの時にウソの申告をするとすぐにバレて融資をしてもらうことはできません。申し込み書には正直に記入しましょうね。

 

カードローンの仮審査、本審査ともに終わって問題がなければ、正式な契約内容の連絡が来て、内容を確認した後契約手続きをします。振込みの形で融資をしてもらうこともできますし、自動契約機や店舗窓口で契約手続きをすればその場でカードが発行されて、すぐに融資を受けることができます。また、カードローンの中には、現在無職でも勤務先が決まっている人なら申し込んで審査を受けることができ、審査に通れば融資を受けることができるものもあります。大手消費者金融や銀行カードローンは無理ですが、審査が緩めな小規模な消費者金融なら融資してもらえる可能性がありますよ。

  • 2015/09/07 15:07:07